ビジネス速報

明日に繋がる、ビジネスに関するスレッドのまとめ

    明日に繋がるビジネスに関するスレッドのまとめ

    自動車

    1: ヒョウ(東京都) [US] 2020/01/30(木) 19:42:13.78 ID:OIp3bYgx0 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    2019年の登録車販売台数のトップ20を見ると、トヨタは20車種中12車種を占めるなど圧倒的な独占ぶりを見せていることがわかります。
    また、18位までトヨタ/日産/ホンダ以外のメーカーはランキングに出てこず、19位にやっとスズキ車がランクインしている状況です。
    なぜ、トヨタ車はこれほどランキング上位を占めているのでしょうか。

    18位までトヨタ/日産/ホンダ以外のクルマはランクインなし

     2019年の登録車年間販売台数ランキングにおいて、首位を獲得したのは12万5587台を販売したトヨタ「プリウス」で、
    2位には日産「ノート」、3位にはトヨタ「シエンタ」が続きます。

     そんななか、4位以下のランキングを見ると、国内登録車市場のある「偏り」があるというのですが、いったいどういうことなのでしょうか。

     一般社団法人 日本自動車販売協会連合会の発表する登録車年間販売台数ランキングは、50位までが同社団法人のウェブサイトで
    公開されていますが、2019年の年間販売台数を見ると、トップ10のうちトヨタ車が7車種、日産車が2車種、そしてホンダ車が1車種と、
    トヨタが「独占」といえるほど、トヨタ車が幅を利かせています。

     それ以下では、11位から15位はトヨタ車が3車種とホンダ車が2車種。16位と17位に連続してトヨタ車がランクインし、18位はホンダ車。
    そして、19位にトヨタ/日産/ホンダ以外のクルマとしてスズキ「ソリオ」がランクインし、20位がスバル「インプレッサ」となっているのです。

     トヨタ/日産/ホンダがランキング上位を占め、とくにトヨタ車がトップ20のうち12台がランクインしているなど、圧倒的な強さです。

    全文
    https://kuruma-news.jp/post/217993

    【なぜ日本ではトヨタ車ばかり売れるのか? トップ10のうち7車種がトヨタ】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/12/30(月) 14:23:19.82 ID:CAP_USER
    NEXCO東日本は、高速道路での逆走や車の運転に対する意識調査を、祖父母世代(65歳以上)/親世代(40・50代)/孫世代(18~24歳)の3世代で実施、その結果を発表した。
    https://response.jp/imgs/p/HyHJUDsvwEJjLfURx1fZfoRN5UBBQkNERUZH/1487668.jpg

    調査対象は、孫世代が自動車運転免許取得3年以内、もしくは教習所に通っている男女110名。祖父母世代/親世代は日常的に車を運転している男女100名/150名。

    まず、祖父母世代へ車の安全運転について孫世代と会話する良いタイミングを聞いたところ、1位は「正月など家族が集まったとき」(32.0%)。以下、「交通安全などのニュースを見たとき」(19.0%)、「日常生活の中で頻繁に話している」(19.0%)、「孫が運転免許を取得できたとき」(15.0%)と続いた。
    no title


    親世代と車の安全運転について会話する良いタイミングについても、1位「正月など家族が集まったとき」(35.5%)、2位「日常生活の中で頻繁に話している」(24.7%)、3位「交通安全などのニュースを見たとき」(21.5%)という結果に。祖父母世代にとっては、家族が集まるタイミングが運転について話せる重要な機会であることがわかった。
    no title


    また、多発する「高速道路での高齢ドライバーによる逆走」を知っているかを聞いたところ、3世代ともに9割超(祖父母世代98%、親世代94.7%、孫世代92.7%)が知っていると回答。一方、この半年間で「高速道路での高齢ドライバーによる逆走」について家族で話し合ったことがあるかとの質問にが、祖父母世代で54.3%、親世代で57.9%、孫世代で70.4%があると回答。認知はしているものの、家族での話し合いが低い傾向がある。
    no title


    NEXCO東日本では、年末年始の家族が集まる機会に、運転や逆走について、話し合うよう呼びかけている。

    2019年12月29日(日)17時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/12/29/330261.html

    【【意識調査】家族が集まる正月「3世代で運転や逆走について話そう」、NEXCO東日本が呼びかけ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/12/28(土) 23:03:02.63 ID:CAP_USER
    丸目のヘッドライトが可愛い! 女性視点のジムニーの魅力とは?
     2018年7月に20年ぶりにフルモデルチェンジしたスズキ「ジムニーシリーズ」は、相変わらず納車待ちの状態が続いています。軽自動車のジムニーは1年近く、小型車の「ジムニーシエラ」にいたっては2年近く待つという販売店もあるようです。

    最近ではようやくデリバリーされる台数も増えてきており、街でジムニーを見かけるようになりましたが、まだまだこれからといった状況です。

     現行型のジムニーシリーズは、先代モデルよりもスクエアなフォルムとなり、より「道具感」が増しました。その点だけを見ると、さらに男性ウケが良くなったと思われがちですが、じつは女性ファンが増えているというのです。

     スズキ広報部は、ジムニー好きの女性が増えていることについて次のように話します。

    「先代モデルに比べると、女性ユーザーが増えているのは確かです。東京オートサロンなどでも、ジムニーを見に来る女性が多かったです。

     女性が購入時に重視するポイントを見ると、悪路走破性だけではなく、外観デザインやボディカラーにこだわる人が非常に多いようです。

     機能に特化したデザインや、これまでになかったキネティックイエローやシフォンアイボリーなどのボディカラーにも興味をもっていただけたのだと思います」

     また、都内にあるスズキ系販売店の女性スタッフにも、その辺の事情をたずねてみました。

    「従来のジムニーは“特別なクルマ”という感じがあり、どちらかというと山やフィールドを走る男性のクルマというイメージがありました。

     現行ジムニーもそういった雰囲気はたしかにありますが、スクエアでゴツいフォルムなのに、丸目のヘッドライトはとてもかわいく見えると、多くの女性のお客さまから好評です。

     サイズも軽規格で女性も運転しやすいですので、ほかのSUVほど敷居の高さを感じないのでしょう」

    現役のジムニー女子に聞く!ジムニーの好きなところは?
     実際に現行ジムニーに乗っている女性は、何に惹かれて購入したのでしょうか。現役の若い女性オーナーに話を聞いてみました。

     大阪府に住む川端千恵さんは、つい最近、シフォンアイボリーメタリックのジムニーシエラが納車されたばかり。BMW「3シリーズワゴン」から乗り替えたといいます。

    「大阪辺りだと道が狭い所もありますから、やはりジムニーのサイズは魅力です。何段か重ねる機械式駐車場に駐めるときにも、ほかのSUVだと車高が高くて難しいですから。

     何よりジムニーに惹かれるのは、そのデザインですね。カクカクとしたカッコの良さのなかに、積み木みたいなかわいさがあるんです。なんていうか、“あまから”みたいな魅力ですね」と、とてもお気に入りの様子です。

     大分県でミディアムグレーのジムニーに乗っている金江優希さんも、そのデザインを絶賛します。

    「私は先代からジムニーに10年乗り続けているのですが、いまのジムニーは本当にかわいくなりました。四角いボディに丸いライトはカッコいいし、それでいてかわいいんですよ。

     ノーマルでも十分にかわいいのですが、自分らしくカスタムすることができるのも、また魅力だと思います。いまのジムニーは運転もしやすくなって、見てワクワク、乗ってワクワクできるクルマだと思います」

     世の女性を魅了しているジムニーですが、女性にとってデメリットはないのでしょうか。再び、スズキ系販売店の女性スタッフに聞いてみました。

    「ドライバーの目線が高く、小柄な女性でも運転しやすいジムニーですが、もし女性が不便さを感じるとしたら、乗降時ではないでしょうか。とくにミニスカートを履いている女性には、ちょっと乗り降りしづらいかもしれません。

     それと横のドアが2枚だけなので、友人を乗せるときや買い物の荷物を載せるときなど、ちょっと大変かもしれません。

     でも、女性はクルマを選ぶときに、運転しながら自分に似合うかとか、毎日が楽しいとかといったことを大切にします。

     そういった点では、ジムニーはとてもかわいくて、運転するご自身を想像するワクワク感があるクルマだと思います」
    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00211080-kurumans-bus_all

    【【自動車】ジムニー女子が急増中!? 「ゴツくて可愛い」ジムニーが若い女性にモテる理由】の続きを読む

    car_blue
    1: ムヒタ ★ 2019/01/12(土) 14:11:16.28 ID:CAP_USER
     【ロンドン=戸田雄】独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は11日、傘下のアウディやポルシェなどを含めたグループの2018年の世界販売台数が前年比0・9%増の1083万台となり、過去最高を更新したと発表した。

     主力の中国や西欧市場は横ばいだったが、ロシアやブラジルなど新興国市場で好調だった。VWは声明で、「世界的にリスクは高まっているが、課題に立ち向かう用意はできている」と述べ、19年も好調な販売が続くとの見通しを示した。

     世界の自動車市場では、VW、トヨタ自動車、日産自動車・仏ルノー・三菱自動車の3社連合の3陣営が首位を競っている。17年はVWが首位で、3社連合、トヨタが続いた。

    2019年01月12日 10時27分
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190112-OYT1T50023.html

    【【経済】VW、昨年の世界販売1083万台…最高更新 】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/10(木) 14:17:06.43 ID:+gdUp9qW
    日本自動車輸入組合(JAIA)が10日発表した2018年の輸入車販売台数(日本メーカー車除く)は、前年比1.1%増の30万9405台だった。年間販売が30万台を超えるのは2年連続で、96年に続く過去2番目の高水準となった。多目的スポーツ車(SUV)の人気が続き、メルセデス・ベンツなどドイツ勢の好調がけん引した。

    no title

    ドイツ勢の好調がけん引した

    登録車全体に占める外国メーカー車の割合は9.2%で過去最高。18年は外国メーカー車の約3割を占めるSUVに加え、クリーンディーゼル車や限定車の販売が好調だった。

    独メルセデス・ベンツは1%減の6万7554台だったが、4年連続で首位を維持した。18年に主力の「Cクラス」や「Gクラス」の新型を投入し、新たな客層を取りこんだ。18年末に投入した新型「Aクラス」も販売に大きく貢献した。

    2位は独フォルクスワーゲン(VW)で、6%増の5万1961台だった。15年に発覚したディーゼル車の排ガス不正問題以降は苦戦が続いていたが、2年連続のプラスで順位も一つ上げた。新型「ポロ」の投入や19年に生産を終了する「ビートル」の販売キャンペーンなどが好調だった。

    3位は独BMWで、2.9%減の5万982台。4年ぶりのマイナスとなった。一方で小型車ブランドの「ミニ」は好調を維持し、2.2%増の2万5984台だった。モデル別でもミニが3年連続で首位となった。

    18年は多くの海外メーカーが実績を伸ばした。スウェーデンのボルボ・カーは10.5%増の1万7805台だった。18年に投入した小型SUV「XC40」が17年の「XC60」に続き「2018―2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。米ジープも11年ぶりに全面改良したSUV「ラングラー」がけん引し、1万1438台と過去最高を記録した。

    全体に占めるクリーンディーゼル車の割合は前年より1.4ポイント高い23.2%となり、7年連続で過去最高を更新した。各社が環境性能に優れたクリーンディーゼル車の新型車を積極的に投入。19年の見通しについて、JAIAは「消費増税など不確定要素もあるが、順調に伸びていくのではないか」とみる。(為広剛)

    2019/1/10 13:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39842600Q9A110C1XA0000/

    【【自動車】輸入車販売は2年連続30万台、過去2番目の高水準 】の続きを読む

    このページのトップヘ