ビジネス速報

明日に繋がる、ビジネスに関するスレッドのまとめ

    明日に繋がるビジネスに関するスレッドのまとめ

    プログラミング言語

    1: 田杉山脈 ★ 2020/02/09(日) 19:33:40.80 ID:CAP_USER
    「Python」は相変わらず、開発者の間で根強い人気を誇るプログラミング言語だ。一方、「Java」と「JavaScript」の評判――もしくは不評――については、プログラマーによって答えがまちまちだ。

     フランスのコーディングスキル開発企業のCodinGameが、人気プログラミング言語とキャリアの詳細について、2万人の開発者を対象に調査した。

     それによると、JavaScript、Java、Python、「C++」「C」が特に多くの人に習得されたプログラミング言語だった。習得者が特に少なかったのは「Clojure」「F#」「OCaml」だ。

     「最も人気がある」言語は、最も多くの人に習得された言語とは違ったが、トップ5には順位こそ違えど、ほぼ同じ顔ぶれが登場した。開発者に最も人気がある言語はPythonで、JavaScript、Java、C#、C++が続いた。

     報告書は、「3年連続で首位を堅持しているPythonは、特筆に値する。この言語は開発者の心をしっかり捉えている」と述べている。

     「最も敬遠されている」プログラミング言語として、回答者の約4分の1が「PHP」を挙げた。その一方で、最も人気がある言語の7位にも登場している。またPHPの後に、JavaとJavaScriptが続くものの、それぞれ最も人気がある言語の2位と3位を占めた。

     報告書によると、「この2つのプログラミング言語の評価は、開発者の間で二分される」とのこと。最も敬遠されている言語のトップ5の残り2つは、「VB.NET」とCだった。

     回答者の43%はコーディングを大学で学び、35%は独学で、15%は学校(大学以前)で、5%はブートキャンプや短期集中コースを利用していた。オンライン研修コースで学んだという回答者は、わずか2%にとどまった。

     2020年に学びたいこととして、最も関心が高いのは機械学習と人工知能(AI)で、次いでゲーム開発とウェブ開発が挙げられた。

     開発者の幸福度は英国が最も高く、カナダと米国がそれに続いた。

     CodinGameの共同設立者であるAude Barral氏は、「当然ながら、上位3カ国は特に給与水準という点で、開発者は労働条件に恵まれている。フランスは6位で、やや後れをとっている」「概して言えば、どの国でも経済発展と企業の革新には、開発者が不可欠だと考えることが非常に重要だ」と述べた。
    https://japan.zdnet.com/article/35149096/

    【【IT】不動の人気を誇る「Python」、評価が二分される「Java」「JavaScript」】の続きを読む

    1: エアロモナス(宮城県) [US] 2020/02/09(日) 12:28:46.70 ID:uhkBIXIL0● BE:601381941-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
    Pythonで「脱VBA」、Excelの行番号を記述せずにセルを指定する方法

    Excelデータをプログラムで扱うのなら、プログラミング言語はVBA(Visual Basic for Applications)が定番です。
    しかし必ずしもVBAを使う必要はありません。筆者はPythonを使ってExcelデータの操作を自動化することを
    お勧めします。Pythonを使えば「脱VBA」を進められます。

    PythonでExcelデータを操作するには、前回までに解説してきたように、行/列を指定してワークシートのセルに
    アクセスするのが基本です。ワークシートはイテラブル・オブジェクトとして行を返しますし、行も同様にセルを返します。
    イテラブル・オブジェクトを活用すれば、直接行番号、列番号を記述せずに読み込むセルを指定することができます。

    sample.xlsxというExcelファイルを作って、動作を確かめてみましょう。Excelファイルは「.¥data」フォルダーに入っているとします。

    no title


    このファイルのワークシートには、データはA1からF5まで整然と入力されています。

    次のプログラムを使うと、sample.xlsxを読み込んでworkbookのsheetからrow(行)を取得し、rowからcell(セル)を
    取得して順に出力していくことができます。

    no title


    ■対象のワークシートから、データ範囲を自動で取得するプログラム

    このコードを、Pythonの開発環境、ここでは「Visual Studio Code」で入力し、動かしてみます。処理結果を、
    画面下部の「ターミナル」で確認してみましょう。

    no title


    ワークシート上の各行のセル内容が、列順の通りに1行ずつ出力されていることがわかります。
    このようにデータが1つの範囲(Range)に規則的に入力されている場合は、for row in sheet:でデータ範囲の
    各行での繰り返しを指示し、for cell in row:で処理対象の行のセルに順にアクセスすることができます。
    異なるファイルから読み出す時でも、いちいち「どこからどこまで」をプログラムで記述し直す必要はありません。便利ですね。

    でも、データが整然と並んでいなかったり、データのないセルが範囲内にあったりする場合はどうなっているのでしょうか。
    列の終わり、行の終わりをどうやって判断しているのか、調べてみましょう。

    続きはソースで

    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01174/011700003/

    【VBAでシコシコ自動化しているやつ、Pythonを覚えろ! Pythonで「脱VBA」する方法】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/24(日) 19:37:07.19 ID:CAP_USER
    「Pythonはどうしてこんなにはやっているんですか」。プログラミングを最近学び始めた人と話をしていて、そんな質問を受けた。自分としてはPythonを学ぶ意義は自明だと思っていたが、プログラミングにあまり詳しくない人にはそうでないのかもしれない。

     私は、2019年10月上旬に開催されたイベント「日経 xTECH EXPO 2019」で、「非プログラマーがPythonを学ぶ意義」と題して講演した。そこで今回のコラムでは、この講演のプレゼンテーションを基に、Pythonを学ぶべき理由を説明したい。

     ただ、内容を少しだけ変えようと思う。講演では非プログラマーを対象にしていたが、今回のコラムではプログラマーを含めたすべての人を対象にする。Python以外の言語を使っているプログラマーにとっても有用な内容だと思うからだ。講演では、非プログラマーがプログラミングを学ぶ意義を最初に説明したが、その部分は省略する。

    Pythonが得意とする分野
     世の中にはたくさんのプログラミング言語がある。よく使われているものだけでも、C、C++、C#、Java、JavaScript、PHP、Python、Ruby、Swiftなど様々だ。マイナーな言語も入れると数え切れないくらいある。

     プログラミング言語を「汎用プログラミング言語」と呼ぶこともある。どの言語を選んでも、理論的にはどんなロジックでも記述できるという意味だ。この特徴を「チューリング完全」と呼ぶ。チューリング完全でない言語は、普通はプログラミング言語とは呼ばない。

     もっとも、言語ごとに得意分野は存在する。例えば、「ある分野で言語Aを使うと処理を一から書かなければならずシステムの開発が大変なのに対し、言語Bは豊富なライブラリーを持つため簡単にシステムを開発できる」といったことはよくある。また、「ある分野で言語Xを使うと高速に実行できるが、言語Yでは処理に時間がかかる」といったこともある。

     具体的な得意分野を挙げよう。Javaはエンタープライズシステムの記述に多用されるし、JavaScriptはWebのクライアントソフトウエアの記述に主に使われる。Rubyで書かれたRuby on Rails(以下、Rails)というフレームワークは、Webアプリのサーバー側システムの開発に使われる。Swiftは、iOS向けのアプリ開発に使われている。

     では、最近注目を集めているPythonの得意分野は何だろうか。それはずばり人工知能(AI)である。
    以下ソース
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00682/111900020/

    【【IT】プログラマーだけではない、全ての人がPythonを学ぶべきたった1つの理由 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/16(土) 18:29:51.65 ID:CAP_USER
    81歳でiPhoneのアプリを開発し「世界最高齢のプログラマー」と呼ばれた女性がいる。若宮正子さん(84)だ。「シニアにこそ情報技術(IT)を使ってほしい」という思いから、国内外での講演や本の執筆など活動の幅を広げ、自らをITエバンジェリスト(伝道師)と称する。

    ◇   ◇   ◇

    北欧のエストニアがIT先進国だと聞き、6月に1人で現地に行ってきました。電子政府をシニアがどう活用しているかを調べる…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52125080T11C19A1I00000/

    【【IT】人生に「遅い」はない 80代のプログラマー、探求なお 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    computer_typing_osoi
    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/14(月) 20:32:32.36 ID:CAP_USER
    プログラミング言語の世界で少しおかしなことが起きている。若者の反抗が「若さ」を嫌悪の対象としているようだ。HackerRankが4万人近くの開発者を対象に実施した新たな調査によると、「Go」や「Kotlin」などの新たに登場したプログラミング言語は、開発者が次に学びたいと思う言語として上位にランクインしたものの、18~24歳の若い開発者はベテランの開発者よりもそういった言語を好まない傾向にあるという。

     その理由は経験によるところがあるのかもしれない。Adobeの開発者Fil Maj氏は、「新しい言語を使うことのメリットは、古い言語を使った経験があるからこそはっきりする」と話す。つまり、何年も苦労して「Java」に取り組んでいると、Goのすばらしさを実感しやすいということだ。
    https://japan.zdnet.com/article/35131199/

    【【IT】若い開発者が新しいプログラミング言語を好きになれない理由 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    computer_programming_woman
    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/12(土) 18:37:50.17 ID:CAP_USER
    「Python」と「R」はデータサイエンティスト職の求人で最も多く要求されるスキルに数えられている。ところが、こうしたプロフェッショナルの仕事で最も頻繁に使用されているプログラミング言語について調査した複数の報告書によると、実際は評価が分かれるという。Cloud Academyの米国時間12月27日付の報告書で明らかになった。

     まず、TIOBE Programming Community Indexによれば、2018年の検索エンジンのリクエスト数でみたRの順位は下降気味だったという。だが、データプロフェッショナル1万6000人を対象に実施したKaggleの調査では、全体で最も人気の高いプログラミング言語はPythonであるものの、統計およびデータサイエンティストは他のどの職務よりも業務でRを使用している割合が高いことが分かった。データサイエンティストの87%はPythonを、71%はRを業務で使用していると回答していると、同報告書に記
    以下ソース
    https://japan.techrepublic.com/article/35131060.htm

    【【IT】データサイエンティスト職に求められる言語のトップに「Python」--「R」を上回る 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    computer_typing_osoi
    1: みつを ★ 2019/01/10(木) 00:42:30.26 ID:6GP8cmm99
    https://jp.reuters.com/article/iot-ai-tech-idJPKCN1P30AU

    ビジネス
    2019年1月9日 / 06:11 / 9時間前更新
    日本企業、IoTやAI活用で大きな後れ 深刻な技術者不足
    Reuters Staff
    [東京 9日 ロイター] - 日本経済の原動力となるIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ビッグデータなどの活用で、日本企業は欧米やアジアのライバル企業に大きく後れを取っていることが鮮明になっている。最も大きな要因は、最先端の技術を駆使する高度デジタル技術者の育成不足だ。

    その結果、国内の主要企業では、高額報酬によって海外の人材を確保しようとする動きが広がり、「外国人依存」の現状があらわになっている。このままでは、日本は産業競争力の面でさらに後れをとりかねないとして、政府もようやく本格的な人材育成に乗り出した。

    <高報酬で外国人材募集>

    NTTデータ(9613.T)は、高度IT技術を活用した新ビジネスモデルを構築するため、内外を問わず人材を募集する。来春をめどに採用し、報酬も従来とは別の新制度を設け、個別交渉次第で高額報酬も準備する。

    今や世界中で高度IT人材確保が激しくなり、高報酬を切り札に高いレベルの技術を持つ人材を奪い合う現象が起きている。

    海外企業では3000万円-5000万円台での年収提示もあるほか、昨年4月(訂正)には「ゾゾタウン」を運営するZOZO(訂正)(3092.T)が、先端技術に詳しい人材を最高年収1億円で採用すると発表した。主要なターゲットは外国人技術者だ。
    (リンク先に続きあり)

    【【人手不足】日本企業、IoTやAI活用で大きな後れ 深刻な技術者不足 高報酬で外国人材募集 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    computer_programming_woman
    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/07(月) 18:27:43.66 ID:lLhYu3EE
    solid ITは1月2日(現地時間)、「PostgreSQL is the DBMS of the Year 2018」において、2018年のデータベース・オブ・ザ・イヤーを発表した。solid ITのデータベース・オブ・ザ・イヤーはDB-Engines Rankingにおいて1年間でもっともスコア値を増やしたデータベースが選ばれる。

    2018年のデータベース・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのはPostgreSQLで、これにMongoDB、Redisが順に続いている。PostgreSQLは2017年に次いで2回目の1位を獲得しており、多くの開発者の間で好ましいデータストアと認識されているようだと説明されている。

    年 データベース・オブ・ザ・イヤー
    2018 PostgreSQL
    2017 PostgreSQL
    2016 Microsoft SQL Server
    2015 Oracle
    2014 MongoDB
    2013 MongoDB
    PostgreSQLはリレーショナルデータベース管理システムに要求される機能を幅広く実装し、開発者から高い信頼を集めている。最近は、ドキュメント指向データベースが実装している機能を取り込むことでRDMS以外のデータベースの需要に応えるとともに、分散データベースやビッグデータ処理などの要望にも対応しており、採用シーンを広げている。

    一方、2013年と2014年にデータベース・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、2018年には2位に選ばれたMongoDBはNoSQLと位置づけられつつも、ACIDをサポートするなどリレーショナルデータベース管理システムに要求される機能を取り込むことで、逆にRDMS側のユーザの要望に応えるなどして採用されるシーンを増やしている。PostgreSQLもMongoDBも長期にわたって成長傾向を続けており、今後も採用シーンが増えることが予想される。
    https://news.mynavi.jp/article/20190107-751230/

    【【IT】データベース ・オブ・ザ・イヤー2018はPostgreSQL 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    rat_race_businessman
    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/26(月) 15:12:31.41 ID:CAP_USER
    日本のIT業界について、私がこの「極言暴論」でいつも問題にしているのは、ご用聞き商売であること、人月商売であること、世界に類を見ない多重下請け構造であることの3つだ。ユーザー企業のご用ばかりを聞いているようでは、変革の武器であるITで勝負する企業としては話にならないし、ピンハネが横行してブラック企業でも生息できる多重下請け構造を発達させているようでは、先端産業・ハイテク産業であるはずのITの名が泣く。

     だが人月商売については、それ自体が問題であるとは思っていない。こう書くと「えっ! 木村は今まで散々、人月商売は駄目だと書いてきたじゃないか。あれは嘘だったのか。それとも変節したのか」と非難の声がごうごうと巻き起こるかもしれない。だが、私は嘘を書いていないし、変節したわけでもない。これからきちんと説明するが、ご用聞きをベースにIT業界の多重下請け構造を使って行う人月商売が「悪」だと言っているだけだ。

     ご用聞き&多重下請け構造を前提とした人月商売がけしからん訳は、これまで何度も極言暴論で書いてきている。かいつまんで言えば、技術者の知的労働という付加価値をないがしろにしており、どう言い訳しても「ピンハネビジネス」というそしりを免れないからだ。客の要望通りのシステムを作るために、「手配師」や「人売り」と皮肉られる下請けITベンダーを使って、必要な頭数の技術者を動員する人月商売が駄目なのだ。

     実はうかつなことに、IT業界の人月商売のありようについて、もっとはっきり言えば料金の取り方について長い間2つ誤解していた。一つは建設業界などと同様に、IT業界でも提案料を請求して受け取っていると思っていたことだ。この件は極言暴論で何度か問題にしているが、SIerは請求しないどころか、提案を客にタダでくれてやって当然と思っている。自分たちの知的労働を自らここまでないがしろにしているとは!これには本当に驚いた。

     もう一つは、SIerがシステム開発を請け負って以降に関する誤解だ。フェーズによって人月単価は違う、設計工程は開発(ソフトウエア製造)工程に比べて単価が高いと思い込んでいたのだ。だって、そうだろう。IT業界に限らずどんな業界でも設計の付加価値は高いし、SIerも「下請けITベンダーとの差は設計力」などと言っているわけだから、そう思って当然だ。だが最近、大手SIerの人から「単価に差をつけていない」と言われて仰天した。

    「システム開発料金は右下がり」の謎
     そろそろ読者にも、私が「人月商売については、それ自体が問題であるとは思っていない」訳がお分かりいただけたかと思う。いくら頭数と時間で料金をはじき出す人月商売であっても、知的労働によって提供する付加価値に合わせて高い単価を取るならば健全であり、どうこう文句をつける話ではない。例えばコンサルタントや弁護士などはそんなビジネスだ。コンサルタントなら人月単価を500万円、あるいは1000万円近くに設定するケースも珍しくない。

     ところが、同じ人月商売でもSIerは違う。最も重要な知的作業であり、ある意味コンサルタントと同等の仕事である提案(書)作成で、ビタ一文もカネを取ろうとしない。そのうえ、提案の次に付加価値が高いはずのシステム設計なのに、製造工程の作業と同じ額の人月単価しか要求しない。当然その単価たるや、技術者の知的労働という付加価値を反映したものではなく、頭数と時間でいくらという単なる作業料金にすぎない。

     こう考えるとITベンダー、特にその元締めであるSIerの商売のやり方がいかにいいかげんかが鮮明になる。人月商売は、パッケージソフトウエアやクラウドサービスを売るビジネスに比べると、ビジネスモデルとして安直だ。しかもSIerの経営者らはその安直さに安住して人月商売のビジネスモデルを極める努力もしていない。なぜコンサルタントはあんな高額の料金が取れるのか、なぜ自社の優秀な技術者がタダ働きをしているのか、一度じっくり考えてみるとよい。
    以下ソース
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/112100038/

    【【IT】ソフト開発の単価は高すぎ、人月商売の生き残り策を伝授する 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/27(木) 19:57:25.03 ID:CAP_USER
    株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一)が運営するITエンジニア限定の競争入札型の転職サイト「転職ドラフト」は、2018年のプログラミング言語別の市場人気や年収の集計結果として、「転職ドラフト結果報告レポート2018」(指名(スカウト)時の提示年収、指名数の集計)を発表しました。

    このレポートは、2018年に開催された第10~15回の転職ドラフトで送られた、実際の指名(スカウト)、6536件を対象に、今現場で使われているプログラミング言語の経験者人数、また指名(スカウト)に対する提示年収についての平均値を集計したものです。
    https://prtimes.jp/i/15443/56/resize/d15443-56-739329-1.png

    ?2018年の転職ドラフトにおいては、JavaScriptが開発者がもっとも現場で使用しているプログラミング言語となっており、2番目がJava。
    そして次の3位にPHP。4位以降はRuby、Node.js、Pythonと続いています。>>1>>2

    1位の「JavaScript」は、ウェブブラウザ上で動作し動的なウェブサイト構築やリッチインターネットアプリケーションの開発に用いられるプログラミング言語です。
    また、2010年以降はnode.jsなどのサーバサイドJavaScript実行環境や各種ライブラリの充実により、Web開発の全ての領域で活用されるようになってきています。>>3

    ■ プログラミング言語と指名金額
    https://prtimes.jp/i/15443/56/resize/d15443-56-504579-2.png

    Scalaがトップで678万円、続いてGoが667万円、そしてPerlが663万円という3位までの結果になりました。
    4位以下は、C、C++、Pythonと続いています。

    1位の「Scala」は、「開発生産性を高める簡潔な表記が可能である。」「Javaの豊富なライブラリが使える」などが代表的な特徴で、Javaプラットフォーム(Java仮想マシン)上でも動作し、既存のJavaのプログラムと容易に連携させることができます。>>4
    TwitterやLinkedInでも利用されていることがよく知られています。

    ScalaやGoともに、現場の需要に対してそれぞれの言語を扱える人材が少ないといわれており、年収も高まる傾向にあるようです。
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000015443.html

    【【IT】2018年のプログラミング言語別の市場人気や年収の集計結果 】の続きを読む

    このページのトップヘ