ビジネス速報

明日に繋がる、ビジネスに関するスレッドのまとめ

    明日に繋がるビジネスに関するスレッドのまとめ

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/31(月) 18:45:30.87 ID:CAP_USER
    いまや家に居ながら世界中からほしいものを取り寄せられ、職場や家庭では人工知能(AI)が活躍する。だが旧態依然とした手続きや仕事のための仕事はまだ多い。平成から新しい元号を迎える今年、思い切ってこんな「お役所仕事」を見直してはいかがだろう。

    役所への届け出や住宅の購入などの際には、押印が当たり前のように求められる。

    夫婦共同で土地を購入したAさん夫妻。妻は不動産の取得やローンを組む際に幾度となく署…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39460290X21C18A2SHA000/

    【【印鑑】そのハンコ、必要ですか? 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/30(日) 16:51:20.46 ID:CAP_USER
    平均年齢35.9歳、平均年間給与2088万円。大阪に本社を置くキーエンスの有価証券報告書(2018年3月期)にはほかの企業ではめったに見られない高収入が記されている。東洋経済オンラインの各種年収ランキングでもつねに上位に位置し、製造業では断トツの高収入だ。

    高収入は激務の裏返しではないか――。インターネット上などではブラック企業とのうわさも流れる。同社評の1つが、「20代で1000万円超え、30代で家が建ち、40代で墓が建つ」。平均勤続年数が12.2年とそれほど長くないことから、稼ぐだけ稼いで独立するというイメージもある。

    こうした見方に対し、キーエンスの経営情報室長の木村圭一取締役は「厳しい働き方を求めているわけではないし、若手の裁量度がとても高い会社だ」と語る。高収入は会社の成長と高収益を社員に還元している結果だという。

    営業利益率は脅威の50%超え
    経済産業省の企業活動基本調査によれば製造業の売上高営業利益率は4.7%(2016年度実績)である。それに対し、キーエンスの2018年3月期決算は売上高5268億円、営業利益2928億円と営業利益率にして約55%という驚異的な水準をたたき出した。成長も継続中。2008年3月期決算は売上高2006億円、営業利益1023億円だったので、10年で3倍弱の成長を遂げたことになる。

    同社が手掛けるのは、FA(ファクトリーオートメーション)にかかわるセンサーや画像処理システムである。FAとは工場の生産工程を自動化するために導入するシステムのことだ。生産ラインにおいて正確な製造作業や不良品の排除を行うために、物の位置を精密に測定するセンサーや画像処理技術はFAにとって重要となる。

    国内の労働人口減少や新興国の人件費高騰などによって省人化が求められ、FAを必要とする企業は年々増している。同社の業績が近年目立って好調なのは、良好な外部環境によるところが大きいことは確かだ。

    売上高のうち5割強が海外。その内訳は詳細には開示されていないが、「アジア向けが約4割、北中南米向けが約3割、欧州向けが2割」(関係者)という。国内、海外を問わず、各地域で満遍なく売り上げが立っており、販売地域が分散されていることが同社の安定感につながっている。
    https://toyokeizai.net/articles/-/257794

    【【企業】年収2000万円!謎めいた「キーエンス」の実態 】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/30(日) 07:00:54.519 ID:FIWtHRuw0
    no title

    no title

    no title

    https://i.imgur.com/VTvsL1Z.jp
    no title

    no title

    東京・田園調布で1568平米で50億の大豪邸が最近完成しました!
    家主はフォーブスの長者番付にも載る日本の某超有名企業創業者で
    田園調布にもう一軒1300平米の豪邸も所有しているので
    子供にプレゼントするために建てたのかもしれません

    【【格差】田園調布に50億円の大豪邸が完成した件!!凄すぎるんゴ.... 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/29(土) 17:20:39.50 ID:CAP_USER
    宝くじの売り上げが年々落ち込み、東北6県や仙台市の歳入を直撃している。宝くじは販売実績に応じ、販売元の都道府県と政令市に収益金が入る仕組み。全国的な宝くじ離れから東北でも収益金が減少し、5年間で約50億円も減った。文化振興や道路補修に活用できる「貴重な財源」(仙台市)であり、各自治体は宝くじ購入を呼び掛ける。 

    2012~17年度の6県と仙台市の収益金はグラフの通り。東日本大震災直後の11年度は収益の全額を復興支援に充てる震災復興宝くじが発売され、被災自治体で収益金が大幅に伸びたが、最近は下降傾向にある。 

     宝くじは若年層を中心に売上額が低迷し、高齢者も離れつつあるという。12年度より2割減った仙台市の担当者は「かつて主力の購買層だった団塊の世代が高齢となり、買わなくなった」と分析する。 

     人口減少も影響している。秋田県財政課は「1人当たりの購入額が変わらなくても人口が減っており、販売総額は当然少なくなる」と受け止める。 

     宝くじは全国の都道府県と20政令市が総務大臣の許可を受けて発売する。売り上げから当せん金の支払いと経費を除いた約4割が自治体の収益金で、貴重な自主財源となる。まちづくりや子育て支援などに幅広く使われる。 

     福島県は宝くじの購入額が多く、収益金は東北で最多となっている。担当者は「若い世代の購入が少ない。防災対策や災害支援に役立っていることを説明して購入を促したい」と話す。 

     10月には宝くじのインターネット販売が拡充され、年末ジャンボ宝くじなど大半がネット購入できるようになった。青森県財政課は「若い人たちが関心を持ち、買うきっかけになってほしい」と期待する。 

     総務省によると、宝くじの売上額は05年度の1兆1047億円をピークに減少。17年度は前年度比6.9%減の7866億円で、1997年度以来20年ぶりに8000億円を下回った。05年度に4398億円だった収益金は、17年度は2996億円に落ち込んだ。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000003-khks-bus_all
    【<宝くじ>5年で50億円減 若年層を中心に売り上げ低迷 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/12/28(金) 11:34:59.22 ID:m7h0Y1On0 BE:422186189-PLT(12015)
    スルガ銀行は27日、ファミリー企業への不適切融資を含む旧経営陣の責任追及に乗り出すことで創業家との
    決別姿勢を鮮明にした。創業家の影響力を排除しなければ経営再建に向け支援を求める提携先探しがおぼつか
    ないとの危機感が背景にありそうだ。提携先の候補として既に複数の地方銀行がささやかれており、経営上の
    リスクを見極めながら支援する動きも出てきそうだ。

    「創業家のいない新しいスルガ銀を作り直す出発地点だ。(他行への支援要請も)当社の企業価値にとって有益であれば検討する」

    有国三知男社長は27日の記者会見でこう述べ、創業家の影響力排除に改めて強い意欲を示した。

    スルガ銀は平成30年9月中間期は1千億円超の最終赤字を計上したが、過去の融資による金利収入が収益を
    下支えし本業のもうけを示す実質業務純益は前年同期比9・1%減の301億円に踏みとどまっている。

    高収益を支えた投資用不動産向け融資は業務停止の行政処分中だが、今後も個人向け融資を収益の柱に据える。
    一連の不祥事で顧客が集まるのか疑問視する声もあるが、外部支援を受ければ信用を補完し再出発を図れる可能性が高まる。

    だ、障害になるのが約13%の株式を保有する創業家やファミリー企業の存在だ。
    ある地銀大手幹部はスルガ銀支援に「潜在的な関心を持つところは多い」と指摘しつつ、
    「支援後に旧経営陣から口出しされたら困る。創業家との関係清算が絶対条件」と指摘する。

    提携先候補には横浜銀行を傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループや、同じ静岡県が地盤の
    静岡銀行などの名前が取り沙汰される。スルガ銀はこうした地銀大手と正面衝突しないよう、
    単身者用住宅ローンなど他行が関心を持たない個人向け融資に注力した経緯があり、提携先にとっても
    特異なノウハウが強みになる可能性もある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000579-san-bus_all

    【ある銀行が「スルガ銀行」の救済条件に名乗り、ただし旧経営陣の抹殺が条件 】の続きを読む

    このページのトップヘ