ビジネス速報

明日に繋がる、ビジネスに関するスレッドのまとめ

    明日に繋がるビジネスに関するスレッドのまとめ

    money_maizoukin_hakken_businessman
    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/07(月) 18:26:50.03 ID:lLhYu3EE
    グローバルウェイは1月7日、「広告宣伝系職種の年収が高い企業ランキング」を発表。キャリコネユーザーによる投稿をもとに、広告宣伝系職種の平均年収が高い企業をまとめたもの。

     1位:ソニー(平均年収782万円)
     2位:日産自動車(平均年収766万円)
     3位:リクルートホールディングス(平均年収755万円)
     4位:ベネッセコーポレーション(平均年収718万円)
     5位:NEC(日本電気)(平均年収700万円)
     6位:ソフトバンク(平均年収698万円)
     7位:NTTドコモ(平均年収672万円)
     8位:キヤノン(平均年収644万円)
     9位:楽天(平均年収635万円)
     10位:富士通(平均年収631万円)
     1位はソニー。社員からは「仕事もやりがいがあり、満足のいく報酬を得られます。上司とのコミュニケーションについても、将来の目標設定や現状の課題など、ざっくばらんに話ができる風通しの良さがあります。ハードルは高く設定され、仕事の質や考え方を問われますが、それに見合った報酬を得られます」(商品企画/30代後半男性/900万円/2010年度)などの声が届いている。

     2位は日産自動車。社員からは「新卒採用の場合、10年はほぼ横並びであるが、30歳を過ぎたあたりから個々人の能力およびその評価に応じて、地位・報酬は変わってくる。一方、中途採用の場合は、前職の地位も踏まえたポジションが与えられるため、若くして高い地位につくこともある。傾向は部門によっても異なり、本社部門は実力主義に近い」(マーケティング関連職/30代前半男性/760万円/2010年度)などの声がある。
    http://ascii.jp/elem/000/001/793/1793976/

    【【企業】ソニー平均給与782万円でトップ 広告宣伝系の年収ランキング 】の続きを読む

    shopping_reji_man
    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/05(土) 00:24:36.78 ID:CAP_USER
    平成最後となる大手デパートの初売りは、5社のうち2社が去年の売り上げを上回った一方、3社が横ばいか去年より減少し、明暗が分かれた形になりました。

    大手デパート5社の発表によりますと、3日までの初売りの売り上げは「三越伊勢丹ホールディングス」と「そごう・西武」が、去年の同じ時期を上回りました。

    これは、初売りに合わせた福袋を含めてコートなどの冬物の衣料品や、外国人旅行客によるいわゆるインバウンド消費でバッグや化粧品が好調だったことなどが主な要因です。

    一方、「高島屋」と「J.フロント リテイリング」は、比較的暖かい日が多かったことで冬物が振るわなかったことや、海外旅行者の増加などの影響で客足が伸び悩み、去年より売り上げが減少したとしています。

    また、「エイチ・ツー・オー リテイリング」は横ばいだったということで、大手5社で明暗が分かれる形となりました。

    ことしの見通しについて、三越伊勢丹ホールディングスの担当者は「消費の基調は悪くないが、日経平均株価が2万円を下回ると消費マインドは冷えやすい傾向にあるので、推移を注目している。また、アメリカと中国の貿易摩擦など、不透明な要素が多い年になりそうだ」と話しています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190104/k10011767871000.html

    【【小売】デパート初売り 大手5社 明暗分かれる 】の続きを読む

    presentation_shikibou_man
    1: ムヒタ ★ 2019/01/07(月) 07:17:39.91 ID:DlAhRVTT
     セブン銀行は2019年秋をめどに、コンビニエンスストアなどに設置している現金自動預け払い機(ATM)で銀行口座開設の手続きをできるようにする。顔認証による本人確認機能などを新たに搭載し、自行だけでなく他のインターネット銀行や地方銀行などの口座開設手続きを代行する。本人確認機能を生かした新たなサービスも展開する方針だ。

     現在、銀行口座を開設する場合、店頭に出向かずに、ネットで手続きを進めても、本人確認作業として身分証のコピーなどを銀行に郵送する必要がある。不正な金融取引を防ぐために、厳格な手続きを求められている。

     セブン銀が導入する新型ATMは、高性能カメラや精度の高いスキャナーを備える。免許証など顔写真の入った身分証をスキャナーで読み取り、ATMの前に立って顔を撮影することで、本人確認作業が数秒で完了する。19年秋から新型ATMへの切り替えを順次進め、20年夏までに大都市圏を中心に数千台の配置を終える予定だ。

    (ここまで411文字 / 残り295文字)
    2019年01月07日 06時13分
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190106-OYT1T50068.html

    【【経済】コンビニATMで顔認証、口座開設…セブン銀 】の続きを読む

    computer_programming_woman
    1: ムヒタ ★ 2019/01/07(月) 14:14:00.34 ID:DlAhRVTT
     ITC総研が実施したアンケート調査によると、スマートフォンを使ったコード決済サービスで最も利用者が多いのは「楽天ペイ」で、2位は「PayPay」、3位は「LINE Pay」だった。PayPayは2018年12月に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題を集めたこと、LINE Payは「LINE」との連携で多くの登録者を獲得したことが利用者数増につながったという。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1901/07/am1535_cashlessict.jpg

     18年12月、ネット上で4062人を対象に「モバイルキャッシュレス決済の市場動向調査」を実施した。コード決済サービスの利用者279人のうち、楽天ペイの利用者が最も多い130人、PayPayが102人、LINE Payが97人だった。その後、NTTドコモの「d払い」が69人、Origami(東京都港区)の「Origami Pay」が46人、ヤフーの「Yahoo!スマホ決済」が46人と続いた。

     ICT総研によれば、17年度末時点でコード決済サービスの利用者は推計187万人。同社では、18年度末には512万人に増加し、19年度には960万人、21年度には1880万人に拡大すると予測している。

     一方で、同調査でコード決済を少額の買い物(1000~3000円)に利用する人は全体の4.1%にとどまり、最も利用者が多いのは現金(71.6%)だった。比較的高額な買い物(1~3万円)では、最も利用者が多いのはクレジットカード(68.3%)で、コード決済の利用者は最も少ない2.6%だった。「高額決済の場合、従来型サービスであるクレジットカードの信頼性が高く、新しいサービスであるスマホを使ったキャッシュレス決済は、今のところ避けられているようだ」(ICT総研)
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1901/07/am1535_cashlessict3.jpg
    2019年01月07日 13時27分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/07/news068.html

    【【決済】コード決済、利用者トップは「楽天ペイ」 話題の「PayPay」は…… ICT総研調査 】の続きを読む

    presentation_shikibou_man
    1: ふてねこ ★ 2019/01/06(日) 23:50:22.08 ID:PRj0DcrA9
    「その仕事、意味あるんですか?」若手と下積みマスト先輩世代の溝

    超少子高齢社会の日本では、職場から社会から20代が減っている。

    1990年には4割だった日本の30歳未満人口は、現在3割を切っている。職場でも「希少な若手」な存在ゆえ、辞めてもらっては困る。
    とはいえ「上の言うことは絶対」教育を受けた世代から見ると、厳しい上下関係やしっ責を嫌う20代の扱いは、時に悩みの種。

    「理不尽な指示は従えない」という若手に対し、いくら若手不足とはいえ「20代の主張をいちいち聞いていてはまるで過保護な
    (中国の)一人っ子政策だ」という先輩世代の声も。現代の理想の若手育成とは。

    ■「やれ」と言われていない仕事でなぜ怒る?

    「一言一句メモれ」「先輩のスケジュールは全て把握して、資料を用意しておくべし」「仕事は言われる前に察してやっておくのが当然」

    都内のIT企業勤務の翔太さん(28、仮名)は入社してすぐ、営業職に配属された。同じチームの男性の先輩(33)の“仕事の流儀”に、
    どうしても違和感がぬぐえなかった。先輩は元ラガーマン。30代前半とはいえ、若手の育成はスパルタ方式を信じている。

    「やれと言われた仕事をやっていなくて叱られるのはわかります。でも、やれとも言われていない仕事をやっていなくて、どうして責められるのか」

    翔太さんは、納得がいかなかったという。

    (中略)

    ■何の意味があるんですか?と聞く理由

    「若手育成の悩みは、はっきり言って多くの企業から聞きます」

    エン・ジャパンの人材活躍支援事業部チーフコンサルタントの横田昌稔さんは言う。

    横田さんは、企業の管理職研修や新入社員研修を手がける。若手が会社の電話に出ない、指示に対して「何の意味があるんですか?」
    と聞き返してくる、対面コミュニケーションを避けるなどのケースをよく相談されるという。ただ、20代の言い分にも理由がある、
    というのが横田さんの見方だ。

    「小学生ぐらいから携帯を使ってきた世代は、誰からか分からない電話に出ることに慣れていない。LINEなどSNSコミュニケーションが
    主なので、対面で声をかけるのも苦手意識がある」

    そして「指示に何の意味があるのか」と聞くのも、無理もない面があるという。

    「黙って上の言うことに従って耐えていれば、右肩上がりに給料の上がる時代ではないからです」

    (中略)

    ■コミュニケーション下手はだれ?

    前出の、IT企業勤務の翔太さんは最近、取引先からの帰り道、初めて直属の先輩と二人で飲みに行った。
    「彼女いるのかとか将来の夢とか、仕事以外のことを自己開示してもらえて、信頼できる感じがした」という。

    翔太さんは言う。「僕らはデジタル世代で対面コミュニケーションが苦手だってよく言われるのですが、
    逆もしかりと思います。上の世代もコミュニケーションできているのでしょうか」

    歩み寄りの緒(いとぐち)は、意外とシンプルなのかもしれない。

    https://www.businessinsider.jp/post-181611

    BUSINESS INSIDER JAPAN 滝川麻衣子 Jan. 03, 2019, 11:00 AM

    【【世代間ギャップ】「その仕事、意味あるんですか?」若手と下積みマスト先輩世代の溝 】の続きを読む

    このページのトップヘ